日経平均株価とは

POINT

  • 日経平均株価とその特徴について.

日経平均株価とは

日経平均株価とは,株価指標の一つです.日経225(海外ではNikkei 225)と表記されることも多いです.

日経平均株価

日経平均株価とは、日本経済新聞社が算出する東京証券取引所市場第一部に上場している225銘柄の平均株価指数です。日経225ともいいます。

用語集 | 日本取引所グループ

ここで,東証一部上場企業が「225社」ということではありません東証一部上場企業数である約2,100社(*1)のうち,「225銘柄」だけが指数の計算に使われています.


日経平均株価は「みなし額面の合計÷除数」で計算されています.指数情報 - 日経平均プロフィルの「関連データ>算出要領」に詳細が記載されています.

日経平均株価の算出方法
日経平均株価の算出方法

この内容は,この記事の「付録:算出方法の詳細」で解説します.

構成銘柄

構成銘柄(225銘柄)の一覧は以下で確認することができます.セクター毎にわかれて記載されています.

他にも,証券会社のサービス(アプリなど)を利用して企業を調べることで,その企業が何の指数に採用されているかを簡単に調べることができます.

特徴

値がさ株の影響

株価が大きい銘柄(値がさ株)ほど日経平均株価に大きく影響します.例えば,ユニクロを経営する「ファーストリテイリング」の影響の大きさがよく報じられています.このため,日経平均株価は「ユニクロ指数」と揶揄されることもあります.

この「日経平均株価への影響度」を数値化したものが,以下で述べる「寄与度」です.

寄与度

「ある銘柄の値上がり(値下がり)によって,日経平均株価がいくら動いたか」は寄与度と呼ばれます.例えば,日経平均株価が大きく上昇したとき,寄与度を見ることで,なぜ日経平均株価が上昇したのか(その中心にいる銘柄が何なのか)を知ることができます.


寄与度は,例えば次のWebサイトで確認することができます:

付録

算出方法の詳細

日経平均株価は
\begin{align}
&\text{日経平均株価}\\
& = \frac{\displaystyle\sum_{\text{構成銘柄}}\biggl(\text{株価}\times\frac{\text{¥50}}{\text{みなし額面}}\biggr)}{\text{除数}}
\end{align}で計算されています.但し,株価は
  1. 特別気配または連続約定気配
  2. 現在値
  3. 基準価格
の優先順位で採用します.


ここで,除数は

  • 株式分割/併合
  • 銘柄入れ替え
をしても日経平均株価が連続となるように決定されます.つまり,「当日の日経平均株価=翌日の日経平均株価」で得られる式から
\begin{align}
&\frac{\displaystyle\sum_{\substack{\text{当日の}\\ \text{構成銘柄}}}\biggl(\text{当日の株価}\times\frac{\text{¥50}}{\text{当日のみなし額面}}\biggr)}{\text{当日の除数}} \\
&=\frac{\displaystyle\sum_{\substack{\text{翌日の}\\ \text{構成銘柄}}}\biggl(\text{翌日の株価}\times\frac{\text{¥50}}{\text{翌日のみなし額面}}\biggr)}{\text{翌日の除数}}
\end{align}から計算されます.ここで問題になるのは,「翌日の〜」をどうやって算出するかです.これについては指数情報 - 日経平均プロフィルの「関連データ>算出要領」に詳細が記載されています.
日経平均株価の算出方法
日経平均株価の算出方法



$\times\dfrac{\text{¥50}}{\text{みなし額面}}$は,額面金額の違いによる株価水準を補正する目的があります.この背景には額面制度(2001 年 10 月廃止)があります.
額面制度時代のポイント
  1. 企業が最初に株券を発行する際の金額を「額面金額」と呼ぶ(参考:用語集 | 日本取引所グループ).
  2. 売買単位=5万円/額面金額.(参考:単元株|投資の時間|日本証券業協会

つまり,みなし額面に比例して株価水準が異なると解釈し,50円を中心に補正をかけていることになります.

役立つWebサイト

  • 日経平均騰落寄与度ヒートマップ:
    セクターごとの騰落について見ることができます.