PythonでBloombergのグラフを再現

  • Bloombergの「TOPIXと外国人投資家の売買動向のグラフ」を再現した.
  • 以前の記事のプログラムを少し書き換えるだけで作成が可能.
  • 毎週金曜日を目盛りにする方法がポイント.



イントロ

Bloombergの記事で,外国人投資家が12週ぶり買い越したことについて触れられています.その中で,「TOPIXと外国人投資家の売買動向のグラフ」がありました.
日本株ことし9兆円弱売り越しの海外勢、相場底堅く転機接近か - Bloomberg


「このグラフは,下の記事のコードを少し変えれば簡単につくれそうだ!」ということに気づきました.
www.mynote-jp.com

結果

というわけで,プログラムのチェックを兼ねて図を再現しました.ちゃんと同じものができています:
f:id:IsThisAPen:20180407134459j:plain


ソースコードほとんど同じなので省略します.強いて言うなら,週の終わり(金曜日)を目盛りとして使用する方法がポイントです.
dates — Matplotlib 2.2.3 documentation

from matplotlib.dates import MO, TU, WE, TH, FR, SA, SU
ax1.xaxis.set_major_locator(mdates.WeekdayLocator(byweekday=FR)) # 毎週金曜を目盛りに利用


また,前回まではTSE 1st (東証第一部) のデータを用いましたが,Bloombergの記事に合わせてTokyo & Nagoya (東京・名古屋二市場の第一部と第二部の合計) のデータを使用しています.

プライバシーポリシー

お問い合わせ