離散フーリエ変換(DFT)

POINT 離散フーリエ変換(DFT)に関するまとめ. 計算機では有限子の離散データしか扱えない.よって,有限子の離散データを周期的に拡張して扱う. 非周期的なデータは扱えず,周期的なデータとなる. フーリエ変換は離散フーリエ変換(DFT)として扱い,高…

今日の計算!

POINT 計算をした日にはメモをしようという試み. 走り書きならぬ「走りTeX」. 増えたら何かしらの分類を考える予定. 2021/03/31:min,maxの合成関数 2021/03/20 2020/05/09 2020/02/12 2021/03/31:min,maxの合成関数$\max, \min$の合成 $\textcolor{red…

速度の変換則(ローレンツ変換)

POINT ローレンツ変換をもとに速度の変換則を導く. 粒子運動を異なる慣性系で観測すると,粒子の運動方向が異なる. 光を異なる慣性系で観測すると,光線の角度がずれて見える(光行差). 【関連記事】 [A]等長変換:回転・反転・Lorentz変換 - Notes_JP …

【読書メモ】新しい免疫入門(審良静男、黒崎知博)

POINT 免疫は「動的」なシステムである(免疫細胞は全体で調和を取りながら体内を循環する). 病原体が関わらない「自然炎症」は,痛風,塵肺・珪肺,アルツハイマー病,動脈硬化,糖尿病などの原因になると考えられている. 「がんペプチドワクチン」は,…

【読書メモ】生命を支えるATPエネルギー(二井將光)

POINT 動物はエネルギーをATPに保持する. ATPの70%はイオン輸送に使われる. 生命を支えるATPエネルギー メカニズムから医療への応用まで (ブルーバックス)作者:二井 將光発売日: 2017/09/20メディア: 新書 ATPの構造 動物がエネルギーを得るまで ATPの使い…

昇降演算子:生成消滅演算子と角運動量演算子

POINT 生成・消滅演算子と角運動量演算子の議論を比較する. どちらも「昇降演算子」がカギ. 昇降演算子が現れる問題を比較してみます.生成・消滅演算子と角運動量演算子で,同じように議論を行います. 【関連記事】 [A]角運動量演算子についての記事を作…

Lambのストークス近似の解(定常,非圧縮)

POINT ストークス近似の解を,Lamb Hydrodynamics(参考文献[1])の方法で導出する. 例えば,①球の周りの流れ,②球に働く力を計算できる(関連記事[A]). 関連記事[A]の問題の下準備にあたる記事です. Wikipediaでは "Lamb's general solution" と呼ばれ…