スターリングの公式の表式について

POINT

  • スターリングの公式の異なる2つの表式の関係.

統計力学でよく出てくるStirlingの公式について考察します.

スターリングの公式の2つの表式

スターリングの公式(Stirling's approximation/Stirling's formula)は,ガンマ関数(階乗)に関する公式です.物理の教科書では
\begin{align}
&\log N! \\
&=N(\log N-1) +O(\log N) \tag{1}\label{eq:st_phys}\\
&\qquad\qquad\qquad\qquad\qquad(N\rightarrow\infty)
\end{align}と書かれることが多く,数学の教科書では
\begin{align}
\lim_{s\to \infty}\frac{\Gamma(s+1)}{\sqrt{2\pi} s^{s+1/2}e^{-s}}
=1
\tag{2}\label{eq:st_math}
\end{align}と書かれることが多いです.

ここで,式 (\ref{eq:st_phys})の$O(\cdot)$はLandauの記号と呼ばれるものです .詳しくは次の記事を参照して下さい:

式 (\ref{eq:st_phys})の導出

式 (\ref{eq:st_phys})を示しましょう.以下に再掲します:
スターリングの公式
\begin{align}
&\log N! \\
&=N(\log N-1) +O(\log N) \\
&\qquad\qquad\qquad\qquad\qquad(N\rightarrow\infty)
\end{align}

【証明】
よく$\log x$のグラフを図示して説明されるように,以下の不等式
\begin{align}
& \int_1^N\log x\,\mathrm{d}x \\
& \qquad \leq\log N!=\sum_{n=1}^N\log n \\
& \qquad\qquad \leq\int_1^N\log x\,\mathrm{d}x+\log N
\end{align}が成立します.


これは,(よく図を書いてされる説明からわかるように)ほとんどRiemann積分の定義から示されます:
区間$I$上でRiemann可積分な関数$f(x)$は
\begin{align}
& \sum_{k} \inf\{f(x)|x\in I_k\} \\
& \qquad \leq \int_I f(x)\,\mathrm{d}x
\leq \sum_{k} \sup\{f(x)|x\in I_k\}
\end{align}を満たします($\{I_k\}_k$は$I$の分割).これを$f(x)=\log x$に適用すれば,最初の不等式より
\begin{align}
\int_1^N \log x\,\mathrm{d}x
\geq \sum_{n=1}^{N-1} \min_{[n,n+1]}\log x
=\sum_{n=1}^{N-1}\log n
\end{align}が,2つ目の不等式より
\begin{align}
\int_1^N \log x\,\mathrm{d}x
\leq \sum_{n=1}^{N-1} \max_{[n,n+1]}\log x
=\sum_{n=1}^{N}\log n
\end{align}がわかります.


部分積分により
\begin{align}
\int_1^N\log x\,\mathrm{d}x
=N(\log N-1)+1
\end{align}なので,上の不等式は
\begin{align}
&\frac{1}{\log N} \\
&\qquad \leq\frac{\log N!-N(\log N-1)}{\log N} \\
&\qquad\qquad \leq\frac{1}{\log N}+1
\end{align}と変形できます.

この式から,任意の$M>0$をfixするとき,$N>M$において
\begin{align}
\Biggl|\frac{\log N!-N(\log N-1)}{\log N}\Biggr|
<\frac{1}{\log M}+1
\end{align}が成立することがわかりました.

よって,$O(\cdot)$の定義(ランダウの記号の使い方 - Notes_JP参照)から,式 (\ref{eq:st_phys})が成立します.//

2式の関係について

式 (\ref{eq:st_math})から式 (\ref{eq:st_phys})が導かれることを示します.2つの式を再掲しておきます:
\begin{align}
&\log N! \\
&=N(\log N-1) +O(\log N) \tag{1}\\
&\qquad\qquad\qquad\qquad\qquad(N\rightarrow\infty) \\
&\lim_{s\to \infty}\frac{\Gamma(s+1)}{\sqrt{2\pi} s^{s+1/2}e^{-s}}
=1
\tag{2}
\end{align}

証明の概要
$f(s)=\Gamma(s+1)$, $g(s)=\sqrt{2\pi} s^{s+1/2}e^{-s}$とおきます(つまり,式 (\ref{eq:st_math})は$f(s)\sim g(s) \quad(s\rightarrow\infty)$と表せる).このとき,

  • $s\rightarrow\infty$において,$f(s)\sim g(s)$ $\Rightarrow \log f(s)- \log g(s)=o(1)$

が示されれば,
\begin{align}
&\log \Gamma(s+1) \\
&= \log \bigl[\sqrt{2\pi} s^{s+1/2}e^{-s}\bigr]+o(1) \\
&= s(\log s -1)+\frac{1}{2}\log s +\log\sqrt{2\pi}+o(1) \\
&= s(\log s -1)+O(\log s)
\end{align}がわかります.特に,$s=N$($N$は自然数)の場合には$\Gamma(N+1)=N!$となることから式 (\ref{eq:st_phys})が導かれます.

それでは,上の性質を導いてみましょう:
【証明】
$\displaystyle\lim_{s\to\infty} \bigl[f(s)/g(s)\bigr]=1$が成り立つとき,
\begin{align}
&\log f(s) - \log g(s) \\
&=\log \bigl[f(s)/g(s)\bigr]
\rightarrow 0 \qquad(s\rightarrow\infty).
\end{align}なので,示された.//

付録

計算メモ

上の証明で使わなかったのですが,ちょっと面白いと思ったのでメモしておきます:
性質
$f(s)\sim g(s) \quad(s\rightarrow\infty)$, $\displaystyle\lim_{s\to\infty}|\log g(s)|=\infty$ $\Rightarrow \log f(s)\sim \log g(s)$
つまり,$log$をとっても同じ関係が保たれるということです.
【証明】
$\displaystyle\lim_{s\to\infty} \bigl[f(s)/g(s)\bigr]=1$と,$\displaystyle\lim_{s\to\infty}|\log g(s)|=\infty$により
\begin{align}
&\Biggl|\frac{\log f(s)}{\log g(s)}-1\Biggr| \\
&=\Biggl|\frac{\log \bigl|f(s)/g(s)\bigr|}{\log g(s)}\Biggr|
\rightarrow 0 \qquad(s\rightarrow\infty).
\end{align}よって,$\log f(s)\sim \log g(s)$//